<   2005年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

イワクラ

なんか眠いです。
よく寝ていますが、さらに寝ています--zzzz....



風をひらくが思わず長文になっています。

他の方たちの風の音体験もをいろいろ面白いです。
鳥どうしがあちらとこちらで、会話をするようにして鳴いていたそうです。
呼応するように鳴くのだとか。そのうち会話まで聞こえてきそうでなんだかリアルですね!
場と一体化してしまってなかなか帰ってこなかった人とか。
逆に、好きな場所が見つけられずに過ごしてしまった人など....

心地のいい場所を探すして、ゆったりと自然と触れ合う時間を持つことができたら結構こころ豊かに生きられるように思います。

新しい「部族」の誕生を目の当たりにするような・・・・
[PR]
by ultra3040 | 2005-05-29 20:21 | こころ

聖地

「風をひらく」とはつまり、
すべてのものの発せられている音に耳を傾き続けることであり、
またその声を聞こうとする姿勢を準備しているということののようです。

そうしてはじめて、「自然の囁き」を理解できるようになるといいます。

また、そこで得た叡智が、言葉として発せられたとき、はじめて世界にとって有用な「分け合うための情報」となるんだというふうに聞きました。そうして「もの語り」が、語り続けられることによって絶え間なく流れ続ける輪を知恵として伝承していくようです。

風のものかたりを、聞き続けること

伝えたいことのかずかずを、ものかたりとして語り続ける・・・
芸能の世界はみなそうのような役目があるのでしょう。

わたしの役目とはまた、現代と元の世界を繋げているというような気がしています。


ながいながいちきゅうのものがたりを
あなたは理解できますか?

終わりのない風のものがたりを聞いてみませんか?


         +  +  +


北山さんは、自分だけの聖地を地球上に見つけるとよいとおっしゃっていました。
そこに行けば、ちからを授けられる場所、
聖地を持つ人間は強いと言っていました。

また、現在地球上に聖地を見つけることが容易くない、地球上から聖地が消えようとしているというように言っていました。
もともと、地球上すべて聖地だったようなものなのに、いまではもはや自分の聖なる身体さえも売り飛ばすような末期的な状態にあるのだとおっしゃていました。

未来永劫変わらず、あなたの聖地である場所は有り続けますか?と言っておられました。


聖地をもつことは大切だと思いました。
わたしの放浪癖は、やはり地球と繋がりたいための行動だったようです。
自然の中に入って力を生命力を取り戻すためです。

そういう場所を見つけることは大切だと思いました。
また、自宅に祭壇をもうけることは、そのための装置なんですね。

そういえば去年あたり、地球と繋がるということを教えてもらったときに
自分の部屋やまわりを心地のいい空間にしなさい、というようなことを言われていました。
すべて物には意識が有り、発している周波数があると言っていました。
わたしたちは、ありとあらゆる物に囲まれて一緒に生きています。
壁でさえも、と言っていました。再び繋がれば、ちからを得ることが可能です。
すべて同調して生きることができるのです。

聖地の話で思ったんですが、だいたい日本の国土そのもが、大神のご神体です。
足の踏み場のないほどまで汚してしまってー、とひふみで言ってました。



また、わたしの聖地はなんだろうということも考えていました。
ひととの繋がりにあるような気がしました。

新たな絆をつないでいくことが、また聖地をつくっていくことになるんではないでしょうか。
[PR]
by ultra3040 | 2005-05-28 21:53 | 共生

生命の輪

風はサークルを描きながら吹くんだと聞きました。

 ”終わりのない円をの上を吹く風”

b0046100_18183226.jpg
ホピのシールドマーク
それぞれの小さな四つの輪は、
「決して終わることのない生命の輪」
を意味しているといいます。

More
[PR]
by ultra3040 | 2005-05-28 18:22 | 共生

風をひらく

ようやく本題の

   地球の上に生きる 第1回 風をひらく in 六甲 について



とにかく徹底的に自然界の音に耳を傾き続けること。
鳥の鳴き声
葉ずれの音
動物の嘶き・・・

そして風の音


自然界の波長に自分を下ろすというか自然の周波数に同調するというか・・・
人間は日常いかにも地球からズレてしまっていることに、今日の悲劇があるような気もする。
なので、徹底的に自然界の音を聞く
まず聞く
耳をそばだてて聞く

いろいろな音があることに気がつく
神経が研ぎ澄まされる

地球の周波数が聞こえてくる

第六感?がひらく
風をひらく・・・


北山さんは、「大事な声は、ささやくようにして聞こえてくる」とおっしゃっていた。
わたしたちは、あまりにも繊細で脆いものを蔑ろにしていることが多すぎる・・・
いわば、大事なことを聞き逃している・・・



「風をひらく」には技法があった。
まず、5mくらいだったかな、自分のまわりをサークル(輪)でかこんで、その中から聞こえてくる音を聞く。しばらく、その音に耳が慣れてきた頃、次に、30mくらいの輪を描き、そこから聞こえてくる音を聞く。
最終的に、5m内から聞こえてくる音と30m内から聞こえてくる音を同時に聞き分ける。


熟練すると、何キロも離れた遠くにいる動物の動きなどが分かるようになるという。


さすがに、そこまでのネイティブ魂(?)は、今のわたしにはないのだが、気がついたらまわりの自然と一体化してしまっていた。ありとあらゆるものの音をひたすら聞くことに徹底するということらしいが、そこまでは聞いていなかった^^;


b0046100_21221883.jpg




ただ、あるとき耳を澄ませていると、「ゴォー」という音が聞こえてきた。
車が走ってく音かなぁ。。と思っていた、
がしばらく鳴り止まず
「ごぉー」という音を聞き続けていた。

やがて、風の音だ!と思った瞬間、
「ぱぁっ」と目を見開いた。
そのとき、「わたしと、まわりの自然は同じものだ」と思った。
まぎれもなく、わたしは自然と同じものであり、
まわりの木や鳥や風と一体化したような気がした。


自然の一部であることを考えることなしにただ認識した。
これがあたりまえなのだ。

ほんとうは。




ただ、日常あまりにもそこから遠く離れすぎて不安に駆られすぎている。
いまの人間。


木に聞いていた・・・
いまの人間のことを。

たぶん、「待っている」ということを言っていたと思う。
「いまの人間が自然に目を向けるようになるのを、ただひたすら、待っている」
と・・・

自然に対して目が開かれることを・・・

           


木は木であることに対して、なんの疑いももっていないこと
木は木であることそのままを受け入れている。
木は木のままであること。

わたしは、わたしであることそのままで、うれしいという気持ちになった。
ただ在ること生きていることが、この上もなく、よろこびだと気がついた。

認められているというかんかく。
そのままを愛されているという思い。
なにひとつ、変えることなしに 
(欠点と思えるようなことを)
あるがまま「しあわせ」なのだと。

そのまま涙があふれてていた。
ゴールという感覚にも近かった。
[PR]
by ultra3040 | 2005-05-27 20:58 | こころ

伊和志津神社

       




建連須佐之男命を祀る神社だそうです。
宝塚から六甲へ入る途中で見つけ帰りに寄りました。

           



    ◇由緒◇  延喜式内の大社・宝塚随一の古社
 当社は、延喜の御代(約一〇六〇年前)式内の官幣大社として、近郷の尊崇をあつめた古社。御祭神の須佐之男命(すさのおのみこと)は和歌の祖神、学問の守護神、縁結びの神、開発の神。迦具土神(かぐつちのかみ)は火の守り神である愛宕(あたご)の神。又末社、宝塚水天宮は安産の神、水商売の神。
伊孑志、小林、蔵人、鹿塩四村を領家ノ荘(りょうげのしょう)と呼ばれ(摂津志) 当社の小字、良元ノ庄が旧良元村の発生地、古来宝塚の総鎮守であります。(本殿は市指定の文化財・境内は市指定の保存樹林)

b0046100_18381577.jpg

[PR]
by ultra3040 | 2005-05-25 18:41 | 神社放浪記

宝塚鹿塩 

六甲へ行くのに、宝塚から高速を下りました。
途中少し道に迷ったんですが、「鹿塩」という地名を見て、
「どいうこっちゃ?」と驚き思わず電柱の標識を撮る^^


伝説があったのでこちらに貼り付けておきます。
(宝塚鹿塩 熊野神社)

b0046100_21545533.jpg

[PR]
by ultra3040 | 2005-05-23 22:05 | 謎解き古代史

六甲

六甲に行ってました。
風をひらく in 六甲に参加してきました。
内容はまた追々、報告するつもりです。
ひとこと、よかったです^^ 


b0046100_2144275.jpg
写真は 5/21 六甲山より(神戸方面?)
[PR]
by ultra3040 | 2005-05-22 21:45 | こころ

大州七椙神社

b0046100_1955896.jpg
  後ろ姿はアリエルさんと佳祥さん
  太陽さんもこんにちは。。

b0046100_19302230.jpg
  由緒書き


b0046100_8471784.jpg
   帰り際、駒ケ岳
  雲がうねっていました。
[PR]
by ultra3040 | 2005-05-17 19:38 | 神社放浪記

駒ヶ根

b0046100_18493397.jpg
  駒ヶ根連邦

b0046100_18412638.jpg
  -しらび平にて- かなりまぶしい(☆☆;)

b0046100_18435828.jpg
  南アルプス ▲富士山はどれかなぁ~。。?
[PR]
by ultra3040 | 2005-05-17 18:56 | こころ

ANNIVERSARY

時の鐘がなっています・・・ 

太陽のところが、三角のピラミッドふたつ砂時計のようにドッキングした形に見えます。
バレリーナか天使が羽を広げているようにも見えます・・・

          


さっきぼーとしてたら、というか瞑想に近かったかもしれないけど、
ユーミンの歌が流れてきて、あ~なんていう曲だっけ?
って思って思い出してしらべていたら、
 ”ANNIVERSARY” でした。
[PR]
by ultra3040 | 2005-05-15 16:56 | こころ