近所

★手力雄神社「天石門別命神」

ちょっとまえに、「アラハバキ」かなと思って探索行ってきました。
 参考櫛磐窗命を祀る神社一覧

ほんとに近所です。
村の鎮守様っぽく、普通の村社のようで、
どうってこともなかったんですが、由緒書きだけ
撮ってきました(^^ゞ

b0046100_1913214.jpg


元は「水」の神さまのゆかりのような、気がします。
うちは水の都と言われるくらい、水郷の里です。
そのため、繊維業が発達し、たくさんの工場がありましたが、
バブル崩壊後の不況で、つぎつぎと海外へ工場を移転、
現在では廃れ見る影もなくその記憶すら薄れつつあります。


★ こちらも、すぐ近く 「阿蘇神社」 です。
b0046100_1942837.jpg
岐阜県羽島市  阿蘇神社
九州から移住した人々が肥後の阿蘇宮から分祀したということだそうです。
こちらも村社のよう、氏神というのかな・・・


熊本県の 阿蘇神社 肥後一宮
主神 「 健磐龍命 (タケイワタツノミコト) 」

 健磐龍命は健々しく岩が立つ状態を神格化した。また、水神・治水の神とみられ、立石信仰の健磐立が健磐龍に変化したとのこと。
今もなお活動を続ける阿蘇「山頂神社」のご神体は中岳火口そのもので、主神は健磐龍命ですが、水神・弥都波能売神(ミズハノメノカミ)との説もある。
また、世界人種を表わした五色の面を持つ「幣立神社」は健磐龍命・勅使の創始とされ、阿祖山皇大神宮の遥拝所があります。



★ 「阿遲加(あじか)神社」 ( 祭神は日本武尊 )
あと、写真はないのですが、おなじ羽島市足近町にある、阿遲加神社に行きました。
こちらも、じつは雨乞い、水の神様のようです。
境内の後には境川があり、木曽川の伏流水のようです。
古代の木曽川はこちらが主流として流れていたという話しも。

古代の交通(船旅)、海洋民の要所だったように思えます。


◇余談ですが、
もう少し川を下ると、木曾三川公園があり、むかしは「千本松原」と言っていました。江戸時代、参勤交代で薩摩藩が治水工事をしに大勢この地にやってまいりました。過酷な労働を強いられたようで、多くの薩摩義士の命がこの工事で失われていったようです。あまりの難工事のため堤の人柱となったという説話も残っています。
   治水のあしあと



ということで、
なぜか、南九州と地縁の深い場所なのでした。

ちなみに木曾三川とは、「木曽川」、「長良川」、「揖斐川」のことです。
[PR]
by ultra3040 | 2004-10-29 22:29 | 神社放浪記
<< 伊吹山登山 伊勢二見 「謎のサルタヒコ」 >>