帰還



そういえば、フッと立ち止まってさんの「空」の記事に出てきたカードは、なにか奥の方で光っている物を発見している絵でしたね。それを思い出しました。


そういえば、こないだ行ったCafe HIZUKIさんのとこで、握らせてもらった器から、〝愛〟と呼ばれるようなものを見たと思ったんです。

それは、握っていた手の平の中に地球があって、大事な地球だと思ったら、地球が輝きだしていて、まばゆいばかりのその光は、自分の手の中からあふれ出すように光輝いているのを目の当たりにして号泣しているのでした。

Cafe HIZUKIの洋子さん、その数日前に光に包まれている自分を感じたとお話してくださり、それが目の前で起きたのをここで見たとおっしゃってくださいました。



昨夜久しぶりに、家でまったりしながら酒器を触ってみようと
手にとって、じっくりエネルギーの様子を感じていたところ

遠くにエネルギーの固まりを捉えて、それを集めていったのね
集めて固まりにしつつあるエネルギーが何者なんだろ?
なんて感じながらも、続けていたら....

涙がつたって流れ始めて、最初は静かな涙で
でも、途中から子供が泣くような感じで「悲しいんだよ」って
訴えかけてくるようだった

私は他人のような感覚で泣く自分を見つめながら
「誰のエネルギーなんだろ?私の?彼の?」と集め続けた

暗い固まりのようなエネルギーが、だんだん薄れていって
無くなってきた時、涙は自然に止まった(*_*)
他人のような感じで声も出しながら、泣いていたけど
その声も止まった

すると、器の揺れていたエネルギーが、細かい優しいエネルギーになって
揺れがなくなって、静かに優しく包み込む感じになった

私はひたすら「どんなあなたも愛している、いつどんな時だって
あなたを愛して止まない、あなたのすべてを愛している
安心して、何も恐くないよ、いつもどこでも私はあなたとともに居る」
といい続けた

私の過去の人格に対してなのか、誰かのか解かんないけど
しばらく言い続けた、エネルギーが落ち着くまで
私の愛=光で包み込むイメージで言い続けた

ベッドに入ったとき、不思議な事がまた起こった
枕元に「火水伝文」を置いて寝たんだけど、自分が光のコクーンに
なったかのように、輝いて包まれているのを感じた

みんなの準備が始まって、整いつつあるのだなぁと浮かんだ
準備ができつつあるんだ、その時が近いのだろう

魂の扉を開きに色々な方々が訪れてくださるのも、その証
時は刻まれて、知らないうちにその時を迎えようとしているんだろうか?

何かは知らない、けど近い

私は私を生きて、私を表現する日々を過ごす
私らしく、素直に生きて、私そのものを表現して生きる
生かされている日々に感謝して、結果を求めず、結果を気にせず
私らしく生きるだけ、ただそれだけ

[PR]
by ultra3040 | 2005-10-25 23:24
<< 新しいブログのお知らせ 神淵神社 >>