都怒我阿羅斯等

きのう都怒我阿羅斯等のページを見てはじめて知ったんですが、
その昔、額に角がある人が船に乗って越前国笥飯浦(敦賀)に着いた。話を聞くと日本に聖皇(崇神天皇)がいると聞き、加羅国(朝鮮半島南部に存在した国)から仕えるために来たとのこと。だが、天皇は崩御したばかりで、次の垂仁天皇に仕え、3年が過ぎて故郷へ帰ることになった。そのときに崇神天皇(名は御間城入彦五十瓊殖尊)の名を貰い、国名(任那)としたという話である。

五十瓊殖尊イニシキとあるではないか!!崇神天皇ってイニシキだったのね。
え!?ということは、都怒我阿羅斯等は御間城入彦五十瓊殖尊ってこと!?

なんか話が繋がってきたと思うのは私だけ?
すごい、すごい!!ひとりでさわいでる~!
[PR]
by ultra3040 | 2005-04-04 11:22 | ルーツ
<< はなみ 常宮神社 >>