三田洞

「両面宿儺」を見て思い出して、三田洞の双頭について改めてUPします。
7月3日岐阜オフのときのレポート(弥栄掲示版書き込みのもの)

三田洞の弘法さんに連れて行ってもらったのですが、
お向かいにあった白山神社にも立ち寄らせていただきました。
一風変わったお社で、なかなか興味深い彫刻などがほどこされていました。
拝んでみたところV字型のエネルギー形態が見え
なんとなく \(^o^)/ こんなんでもないけど(笑) 
こんなんみたいな\_ / 中央から何か出でくるのかなー?みたいな
「桃からうまれた、もも・・・」か?みたいに、とおもっていたところ、
反対側の弘法さんのほうにV字型の双頭のことが書いてあったので、
どんぴしゃ!
三田洞の弘法の双頭の両頭愛染明王坐像について ※クリック拡大
          



b0046100_13474452.jpg
伽羅さんの
 メッセージ 6月30日夕方
がここのことかな(かってに解釈)?
と思い引用させてもらいます。

はざまの森の扉 
今 ひらかれる
光あふれ
風 流れゆく
さあ ここに

果てのなかの
昼と夜の融合の地に
時はいらない


白山神社と三田洞弘法にちょうどはさまれたように三田洞神仏温泉があり、おおーここはまさしくエネルギースッポットだよなーとおもいました。

三田洞弘法詳細→こちら
[PR]
by ultra3040 | 2004-11-22 22:23 | 神社放浪記
<< 水無神社と位山 両面宿儺 >>